› パブリカ › パブリカに関わる人々 › 「国土政策フォーラムinとよた」をお勉強しました。

2011年02月17日

「国土政策フォーラムinとよた」をお勉強しました。

とよたブランド makes JAPAN BRAND!!

日本が生き残る道の一つが、観光立国政策です。
日本のものづくりを牽引してきた自動車などの製造業、
和の心で日本に泰平の世をもたらした松平・徳川、
そして日本の自然と故郷をつくってきた山里の生活文化。
「とよたブランド」を継承し、支える各界のキーパーソンが
「豊田」「JAPAN」の未来を語ります。

地域の魅力の集結がJAPAN BRANDとなることで、
人々が地域の資源に誇りを持ち、
心豊かに暮らすこと。
これこそが観光立国日が目指すものではないでしょうか。







観光庁長官:溝畑 宏氏のお話を聞いていました。
小さい頃は「天下取るぞー」と言って育ったらしいです。
躾けに厳しい家で「ありがたい」といってました。
京都育ちの氏は「住んでいるところに誇りを持て!」とも。
溝畑氏
もともと地元にあるモノに磨きをかけて上手にアピールすれば
観光となり集客できる!
・・・うん、うん。

文化・スポーツ・医療・ギャンブル・・・etc
すべてが観光になる!
・・・あぁ・・・そうか・・・

日本が誇りにできること
①治安②清潔③ルールを守る
・・・こんなに安心できる国はないからね!

とよたは世界で通用するメジャーネームだから
観光PRもガンバレ!
競い合って目線は常に世界へ。

子供からお年寄りまで明るく元気で
住んでいる所に誇りをもつことで
魅力ある観光地になる!

大分トリニータを立ち上げた話も圧巻でした。



お・ま・け
おひなさん
エレベータを10階で降りたら
おひなさんが飾ってありました。
たんころりん?
可愛らしい灯りとりも飾ってありました。

ロケーションに溶け込むアイテムって大事ですねぇ~!!



同じカテゴリー(パブリカに関わる人々)の記事画像
看板が設置されました。
女子的感動活動
らくゼミ「いが万頭づくり」in三河屋さん
節分をたのしむ
らくゼミ「じぶん新聞」づくり講座
望年会ともう来年のお誘い
同じカテゴリー(パブリカに関わる人々)の記事
 看板が設置されました。 (2011-03-28 15:37)
 女子的感動活動 (2011-03-24 13:02)
 らくゼミ「いが万頭づくり」in三河屋さん (2011-02-09 12:38)
 節分をたのしむ (2011-02-03 16:45)
 らくゼミ「じぶん新聞」づくり講座 (2011-01-22 15:44)
 望年会ともう来年のお誘い (2010-12-25 17:00)

この記事へのコメント
あれれれ~~??

ここにも「おいでん」のたんころが・・・

あれだけ豊田の観光についての話し合いの場で、
おいでんというキーワードが全く論じられなかったのは、
非常に残念でなりませんでした。。

手っ取り早いキーワードだと思うんだけどな~
Posted by おいでん仕掛け人おいでん仕掛け人 at 2011年02月17日 22:34
◆おいでん仕掛け人さまへ

1号は溝畑氏のお話を聞いて退場してしまいましたが、
地元のカリスマたちはどんなお話をされたんでしょうか・・・

「おいでん」って三河弁なのに、豊田のイメージが強いからもっと活用できるね!!
おいでん仕掛け人さんが「おいでん」をもっとメジャーにしてください。コツコツがんばりましょ~(^_^)
パブリカ1号も応援しますよ~★
Posted by パブリカスタッフパブリカスタッフ at 2011年02月18日 10:35
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。